沢山ある豊胸手術│バストサイズも選べる時代

理想のバストを手にした後

医者

豊胸手術をして理想のバストサイズを実現したのにその後の変化に気づけないと折角やった手術を後悔する事もあります。そこでそんな豊胸手術をした後のお手入れの仕方を知っておきましょう。まずはシリコンバックを入れる施術ですが、この施術法は体の中に異物を入れるので、豊胸手術の後のお手入れによって中に入れたシリコンの寿命が変わってきます。この豊胸手術の後の手入れは入れたシリコンバックの形によって少し変わってきます。スムースタイプというツルツルな従来にシリコンバックの豊胸手術で使われているシリコンを入れる場合はしっかりとしないとシリコンの周りに膜が出来てしまうカプセル拘縮という現象がでてきてしまいます。このカプセル拘縮とは体内で異物に膜を張って異物から身体を守ろうとする働きによって起こってしまう現象です。この現象で膜が厚く作られるとシリコンが締め付けられてしまって、胸の形がいびつになってしまったり体内で厚く作られた膜で圧迫されたシリコンが硬くなったりしまうのです。その状態を放置し続けてしまうと胸の中のシリコンが変形してしまいます。そうするとシリコンバックを入れ替えたり取り出したりしないといけなくなってしまいます。そんなカプセル拘縮は体の中で行われる生理現象によって起こってしまう現象ですが、毎日のマッサージなどのメンテナンスをすればカプセル拘縮を防ぐことが出来ます。そのためにも豊胸手術後3ヵ月の通院が重要になります。抜糸や施術したところのガーゼの交換のためなどに行なう通院ですが、その間に医師はカプセル拘縮の可能性を判断しているのです。そして、医師からマッサージの方法を聞くことになります。その際のポイントはマッサージの時に胸のどの位置からどのくらいの力をいれてどの向きにマッサージをするのかをしっかりと覚えることです。3ヵ月の通院が終わるとその後のメンテナンスは全部自分で行なわないと行かなくなります。胸のマッサージは自己流でやるとカプセル拘縮を引き起こす原因に繋がります。なので、医師から教わったマッサージ方法をそのまま実践して下さい。その他には病院から処方された薬をきちんと服用することとしっかりと栄養と休養を取ることも疎かにしてはいけません。テクスチャードタイプという表面が特殊加工でデコボコしているタイプのシリコンで、スムースタイプのシリコンバックの後に登場したものです。テクスチャードタイプのシリコンバックはカプセル拘縮を起こしにくくするために表面にデコボコと加工されています。そのため、カプセル拘縮を防ぐためにマッサージをする必要がないと病院では言われます。ですが、あくまでカプセル拘縮が起こりにくいというだけで、絶対に起こらないわけではありません。なので、スムースタイプのようにマッサージを行なっているとシリコンバックがより長く持ちます。通院の際に医師にマッサージを聞いておくといいでしょう。

シリコンバックを体内に入れる豊胸手術とは違って脂肪や薬剤を入れてバストアップをする豊胸手術は施術後のマッサージがほとんど必要ないです。しかし、バストサイズがAサイズ程の小さいサイズから豊胸手術をした場合はマッサージが必要なこともあります。術後のメンテナンスが必要ないので手軽ではありますが、体内に注入する豊胸手術だと中に入れたものが体に吸収されてしまうので気をつけておかないといけません。なぜなら、体内に吸収されてしまうとそれに比例してバストサイズが元に戻ってしまいます。ですから、自分でみて胸が小さくなってきたと感じたら再度豊胸施術が必要になります。ヒアルロン酸を注入する豊胸手術の場合に覚えていて欲しいことがあります。それは、バストサイズが元々小さい方はヒアルロン酸を注入した時に胸が硬くなってと感じることがあります。また、何か月か後になってヒアルロン酸が硬く感じることもあります。これはヒアルロン酸が胸の脂肪よりも硬いことが原因で起こることです。なので、ヒアルロン酸を注入した後に1週間ほど様子をみて、硬くなっていると感じた時にはヒアルロン酸を押し潰して砕くようにマッサージが必要をしてください。1ヵ月を目安でマッサージをするといいです。また、自分ですぐにマッサージを始めるのではなくて豊胸手術を行なった病院に行ってマッサージを教えてもらうといいです。豊胸手術専用のヒアルロン酸を使って施術してくれる病院もあるので、病院を決める時の参考にするといいです。脂肪やヒアルロン酸を注入する豊胸手術の後に時間が経ってくると注入した脂肪やヒアルロン酸が硬くなってしまうことがありますが、それは一箇所に注入するのではなく何箇所かに分けて脂肪やヒアルロン酸を注入することで症状が回避できます。脂肪やヒアルロン酸を注入する豊胸手術は時間が経つにつれてだんだんと体内に吸引されていくと、胸が元のサイズに戻ってしまいます。ですが、その時に長い間バストサイズを変えるために豊胸手術を行なっていたり、一気にバストサイズをあげたりした場合にバストサイズが戻った場合でも胸の皮膚が元に戻らないことがあります。よって、最初でバストサイズを一気に上げるのは控えた方がいいでしょう。毎回の注入による豊胸手術で費用がかかるという方は会員割引等のサービスを提供している美容クリニックもあるので、そういうサービスを利用してみてください。